この時報は大いな驚きであったが

イタリアは音楽の都だけある
イタリア共和国を建国しローマによる平和パックス·ロマーナを実現した

加えて、人物群はオーバーアクションにもかかわらず、そのようなポーズをとらせて静止画を撮ったような感じだ。実際、シニョレッリはモデルにポーズをとらせていたのだろう。伝記を書いたヴァザーリによる創作だろうにせよ、おそらくはペストで亡くなった愛する息子の遺体を裸にして、黙々とデッサンをするという伝説さえあるような男だ。見た目も心も美しく、愛してやまない息子がコルトーナで殺された時、ルカは深く悲しんだが、服を脱がせて裸にすると、全身全霊を傾けて、泣くことも涙することもなくスケッチした。(ジョルジョ·ヴァザーリ、「LeVite[芸術家列哲』、一五六八年,筆者訳)サン·ブリツィオ礼拝堂の連作壁画の中に、「アンチ·キリスト(偽預言者)」という主題がある。

なんと聖人の死からわずか四年でできあがった

前景やや右の壇上に立つ、キリストを思わせる容貌の男の耳もとで、悪魔がなにごとか囁きかける。彼のまわりには、その甘言に惑わされたささや人々が集まっている。しかし左奥では、偽預言者は天から真っ逆さまに墜落し、群衆も神の怒りに打たれている。アンチ·キリストを描いた作品は珍しいが、これは明らかにある事件を背景としている。それはフィレンツェで、修道サヴォナローラが民衆を扇動し、メディチ家を追放して政権を一時的に握った事件である。

ラクイラにある重要なモニュメント

きっかけは、ローマで料理見習いの仕事を探していた僕に、ワイン界の重鎮であるジャンニ.マシャレッリ氏がグアルディアグレーレに素晴らしいレストランがあり、そこでアルバイトを募集していると知人を通して教えてくれたのです。ローマからそれほど遠くない場所でしたし近くにはマシャレッリ氏のワイナリーもあり、ソムリエの僕にとって自然も堪能できる最高の場所でした。レストランではシェフたちの湧き上がる情熱の中で豚や羊の美味しい料理を沢山ならいました。もちろん、豚の飼育、ハムなどの製造にまでかかわらせてもらいました彼の話に出たジャンニ·マシャレッリ氏とはアブルッツォ州のワインを世界的に有名にした功労者だった。次回、グアルディアグレーレを訪れるときは名物の「アニエッロ·アッラ·ブラーチェ(仔羊の炭火焼き)」やr仔羊のラグー添えキタッラ」を是非食べたい。

ローマに凱旋し

キエティアブルッツォ国立考古学博物館」遠くからキエティの町が見えたとき、私は「やはり」と思った。アブルッツォ州のどの山岳地帯の町にもいえるように、この町も一つの丘にべったりと家が「へばりつく」鳥の巣のような旧市街を作っていたからだ。旅のフィナーレキエティの町に足を踏み入れたその瞬間、アブルッツォ州の旅のフィナーレを飾るにふさわしい悠久の時が流れる魅力的な古都だと感じた。キエティの旧市街の麓にはアドリア海に注がれるペスカーラ川が流れている。北へ-五キロほど走れば、そこはもう紺碧のアドリア海が広がっている。

ローマ·フィウミチーノ空港までの直行便は
イタリア人はどこでもかしこでも四六時中酒を飲んでいると思われてしまうのだが

そこのトイレを借りた時

交通警察の役目は一体何なのだろうかこのコンスタンティアヌスの決断の裏には時代背景の変化というものが存在していたのでした。帝政時代はなにしろ領土を増やすために軍事力が必要でした。その軍事力を保持するためにはどうしても奴隷制度が必要だったのです。しかしイエスは人類は皆平等と唱える。よってキリスト教を迫害してきたローマ帝国の歴史。

おもむろに筆をとった

しかし、帝政時代が長引くにつれ、さらに領土が広がるにつれ、徐々に戦争をしなくてもいい平和な時代がやってきたのです。この流れのもと、奴隷の必要性が薄れてきたのでした。そして徐々にキリスト教を容認する流れが出来上がったのでした。世の中の流れを察知していたローマ帝国は、キリスト教を容認するタイミングを計っていたのですね。そしてちょうどそのタイミングに皇帝だったのが、コンスタンティアヌス帝であり、彼はこれにより後世に名前を強く残すことになるのでした。