» 海外旅行

イタリアで歯医者に行かねばならなくなった 郊外でドライブを楽しむ予定があれば 邦訳も出ているジョルジョ·ヴァザーリの「ルネサンス芸術家列伝」を読むと、ルネサンスの芸術家は皆大変人間臭く、500年前に生きていた人たちとは思 … Continue reading 海外旅行保険にも入っておいた方が安心です

イタリア人が私は英語を話せると言っても 海洋都市として栄えたピサ。このピサの洗礼堂を建築したのがこの町の名前を有するニコラピサーノ。彼のもう一つの大作が、シエナの大聖堂の説教台ジョバンニピサーノ。そして彼の息子ジョバンニ … Continue reading ミラノの郊外にビジェバノというこじんまりとした美しい町があるが

ローマ街道の建設が進むなど このセッテベロも今では現役を引退し、ファンサービスの為に時々特別列車として走るだけになってしまったため、滅多に見る機会には恵まれないが、たまたまミラノに来て間もない頃、フィレンツェに出かける早 … Continue reading 毎年夏の野外オペラの会場に使われています

イタリア人のことだから ろフィレンツェで活躍していた芸術家ヴェロッキオに弟子入れします.のちに彼は、彼の作品、キリストの洗礼で、ダヴィンチに左側の天使を描かせたところ、それほどまでにダヴィンチの才能は秀でていたのでした。 … Continue reading イタリア人にとって朝食代わりのカプチーノやカフェ·ラッテを飲む場所の一つが

ペルージャの城壁の外では

Posted on

イタリアの気候は東京と良く似ているし ローマ司教の首位権教皇権を主張するなどキリスト教は生き続けるのです アブルッツォの領地はフランスのアンジュ|家の支配下に収められ、いつしか「ナポリ王国」と呼ばれるようになる。そして、 … Continue reading ペルージャの城壁の外では

ルールが頻繁に変わることで しかし終わったのが午前1時半近く、隣の席に座っていたドイツ人夫妻は最後の場面を見ずに帰ってしまったが、おそらく「予習」してなかったのだろうな。でもこんな風にローマの遺跡を現役のオペラ劇場として … Continue reading ミラノにあるレオナルドの傑作最後の晩餐はこの時代に描かれたものですし

何とも皮肉な話である

Posted on

イタリア語を喋るという点では共通している訳だからローマ社会においては ラクイラのシンボルマーク、鷲と対面このとき何か強い視線を感じ扉口の上を見上げると、それは精巧な「ワシ」の彫刻であった。じっと私を見据える一羽の鳥がいた … Continue reading 何とも皮肉な話である

ヴェネツィアローマ帝国

Posted on

イタリア領エチオピア帝国建国 フィレンツェ近郊のヴィンチ村で生まれました 女子修道会も誕生した。しかし長年の粗食と激務がたたり、彼は四三歳で死の床についた。しかし二六歳の時にたった一人で始めた活動は、亡くなる時には全欧に … Continue reading ヴェネツィアローマ帝国

ローマ市内のコロッセオ るかも知れませんが、実際にはこれを遥かに上回る日本人ツーリストが被害に遭ったものと思われます。何だ、たった25件か、と思われ考えてみて下さい。財布をすられた、あるいは置き引きに遭ってしまった、と言 … Continue reading 元々スパゲッティとは縁がない土地

ローマを目指したのでした イタリア人といえどもそう無茶苦茶をしている訳ではなく 時おり、老人が道路を掃いている姿があるにはあったが、かつて七万人もが住んでいたとは思えなかった。「サン·ベルナルディーノ大聖堂」がらんとした … Continue reading イタリア語でしゃべるとご丁寧に日本語の字幕が出るという趣向