イタリア人がそうやって頼んでいることもありました

イタリア語がうまく話せなかったり、聞き取れなかったりした場合は、その旨をきちんと伝えましょう

イタリアらしい話ではある一方マティルデは、一〇八八年に二度目の結婚。相手は年下のバイエルン公ヴェルフ。夫も反皇帝勢力であり、彼女は皇帝への対立姿勢を弱めようとはしない。皇帝は武力で蹴散らしにかかるが、皇帝自身の長男コンラッドが父に反抗し、勝手にイタリア王への即位を宣言してしまう。一一○六年、ハインリッヒ四世死去。

買い忘れた時でも大丈夫、オーストラリアのお土産

あとを継いだ次男ハインリッヒ五世とマティルデは、1111年五月にビアネッロで会談。ようやく内戦状態に終止符が打たれた。マティルデは領地のほとんどを教会に寄進して、二一五年に七〇歳で亡くなった。今でもビアネッロとその周辺の四つの城では、一三年の会談を記念して、教会を支え続けたこの稀代の女傑を称える祭りが開かれている。Firenzeフィレンツェ-美しきシモネッタ(若き狩人は)花咲く緑の草原にたどり着く。

  • イタリアの中小企業の原理が浸透しているのであろうか電気プラグと言うのはもちろん電気製品を使う時に壁のコンセントに差し込むあのプラグのことだ
  • ローマ通りだとか、ベネツィア通りなどであれば簡単だが、人名の場合は姓名で構成されているのでややこしくなる
  • ローマではネロが火をつけた…という噂が町に流れたのでした

 

 

イタリアはいつの間にか十三個の金メダルを獲得しており、メダル数では確か六、七位につける健闘振り

岩山からは水が湧いたため、この地に古くから人々が暮らすことを可能にした。そして岩山を取り囲む絶壁は、天然の要害として、敵の侵入の際には街を守る要塞と化した街はその後、ローマに支配され、中世になってからはアラブ人がここを拠点とした。徐々に人口が増え、岩山の上には砦が、ついで城が建てられた。まさにこの岩山は人々にとって生命の源であり、守護者であり続けた。彼らがそれに畏敬の念を抱いてきたのも当然のことである。

ローマのピンチョの丘にあるあの丈の高い

こうして岩山は、最初は処女神が暮らす場所と考えられ、それがいつのまにか魔女の棲む地とみなされたのだ。アラブ人はここを拠点のひとつとして、シチリア全土を征服することに成功した。しかしこの街が歴史の表舞台に華々しく登場するには、ノルマン人の王たちがここを整備した一一世紀まで待たなければならない。ヴァイキングの末裔である彼らは、はるか北フランスのノルマンディー地方から海を渡ってやって来た。そして伝説がつたえているのは、いをたてた次のような物語である。

 

ローマの街が一望できます

ミラノの街中でも、誰もが注意を払うような交差点で衝突している車を時々見るが、これは強引なドライバー同士が譲らないとこうなると言う教訓であろうかそれにしても注意が必要なのは何の変哲もなぃ田舎町の街道だ食材の豊富なイタリアのこと、生鮮食料品だけではなく、レトルトのリゾットやパスタソース、乾燥したポルチーニ(キノコ)やカラスミ、それにバルサミコ酢や豊富なワインが、街中の観光客相手の土産物店よりも数段安い値段で手に入ります。お土産用のチョコレートなどスーパーでは簡単に入手できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。あとは台所周りの小物などでも日本では見られないようなものがあったりします。ちなみにイタリアのスーパーではレジ袋は有料で、袋が必要なら「サケット」(sachetto)と頼んでください。あと、日本のスーパーと違ってレジ係の人が袋詰めはしてくれず、レジを通した商品はどんどんベルトコンベヤに流していきます。

シエナとフィレンツェの経済を支えた羊道すがら、私は小さな教会が点在しているのに気がついたボーっと待っていると、自分の買った品物がレジの端に積みあがってしまうことになりますので、買った品物はレジの脇でせっせと自分で袋に入れなければなりません。もう一つ、スーパーでカートを借りるときは、コイン(大体1ユーロ)を入れて借りる方式なので、小銭を用意しておく必要があります。このコインはカートを返すと返却されるシステムです。スーパーで面白いのが、ミラノを中心に北イタリアに展開するチェーン店「エッセルンガ」(Esselunga)。この店は以前からユニークなデザインの広告で有名で、自社で扱っている食品を、色々なものに見立ててポスターとして使い、しかもそのデザインを表紙にしたノートやメモ帳を売っています。